');}

メニュー

お茶入り参鶏湯

お茶入り参鶏湯のレシピ

材料

骨付き鶏もも肉・・・1羽 茶葉・・・小さじ1 もち米・・・大さじ1
八角・・・1個 ごま油・・・少々 しょうゆ・・・少々
塩・こしょう・・・少々 松の実・・・少々 くこの実・・・少々
A[干ししいたけ・・・2個、なつめ・・・1個、生むき栗・・・2個、
  ぎんなん・・・5個、にんにく・・・1かけ、松の実・・・少々]

今回はお茶入り参鶏湯を紹介します。
韓国の代表的な料理の参鶏湯(サムゲタン)に、日本の伝統的な飲みもの緑茶を入れたコラボ料理です。韓国料理とお茶・・・合わない気もしますが、緑茶は消臭効果もあるので、料理の臭みをとって食べやすくなり、薬膳料理である参鶏湯を更に栄養価が高いものにパワーアップしてくれます。
食が細くなる夏場にもアツアツのお茶入り参鶏湯はオススメです。
作り方はちょっと難しいですが、是非挑戦してみて下さい。

作り方

もち米はあらってしばらく水につけた後、水気を切り、ごま油をまぶす。

干ししいたけは戻して石づきを取り、半分に切る。戻し汁はとっておく。

骨つき鶏もも肉は骨にそって切り込みを入れて開く。

③に①とA の半分量を詰め、もとの形に閉じたら楊枝か竹串で止める。

鍋に④と八角とA の残り半分量を入れ、しいたけの戻し汁とお茶1カップを注ぐ。肉がかぶるくらいまで、水を足してから強火にかける。

煮立ったら弱火にし、アクをとり、30~40分間コトコト煮込む。煮汁は1/3よりも少なくならないようにする。

肉がやわらかくなったら、しょうゆ、塩、こしょうで味を整える。器に盛付け、せり、松の実、ゆるま湯で戻したくこの実を飾る。

ページトップへ戻る

お問い合わせ

0120-47-1188

お問い合わせフォーム

ページトップへ