');}

メニュー

お茶の種類

お問い合わせ

0120-47-1188

ネットお問い合わせ

商品のご購入

オンラインショップ

中国小葉種

お茶の原料となる木はツバキ科チャ節に属する植物です。温帯に分布する中国種と亜熱帯、熱帯に分類するアッサム種に大別されます。中国種はタンニン含有量(苦み成分)が少ないので緑茶用、アッサム種はタンニン含有量が多いので紅茶用に用いられるのが一般的ですが、必ずしもそうとは限りません。中国種は背が低く、葉が小さいのが特徴で、中国雲南省を起源として、後に日本に伝わりました。
中国種(中国小葉種)、アッサム種(インド大葉種)以外にも中間の雑種も存在しているので、4種類にも分類される事もあるそうです。日本で緑茶の原料となる茶から紅茶を作る(和紅茶)と、タンニン含有量が少なく、苦みの少ない、ほのかに甘みの感じられる紅茶が出来ます。これは原料となるお茶が中国小葉種であるからでしょう。紅茶にはダージリンと言う種類もありますが、インドのダージリン地方は中国小葉種が分布しているので、やはり苦みの少ない紅茶になるようです。

ページトップへ戻る

お問い合わせ

0120-47-1188

お問い合わせフォーム

ページトップへ