');}

メニュー

お茶の種類

お問い合わせ

0120-47-1188

ネットお問い合わせ

商品のご購入

オンラインショップ

お茶の産地

産地別のお茶の種類の一部を紹介します。
同じ品種(例えばやぶきた)のお茶の木でも、産地毎の気候、風土によって微妙に味は変わってきます。お茶は全国で栽培されていますが、商用の北限は茨城県と新潟県を結んだ線までと言われています。新潟県の村上茶は北限のお茶と言って良いでしょう。最も古くからお茶が栽培されていたのは宇治茶(京都府)を中心とする地域でしょう。
室町時代には足利将軍家を始め、有力武将の為の専用茶園があり、江戸時代には幕府御用茶として、宇治茶は長年優遇されていました。付近には生産量全国3位の伊勢茶(三重県)があります。全国で最も生産量が多いのは静岡茶(静岡県)です。牧の原台地、阿部川、大井川、天竜川流域の広大な大地で栽培されています。特に深むし茶などで有名です。狭山茶(埼玉県)では鎌倉時代から栽培されており、仕上げ工程で高温乾燥させる「狭山火入れ」と言う独特の製法で香りが高いお茶が作られます。

九州でもほぼ全県でお茶は栽培されています。日本で最も古くから栽培されていたのは恐らく福岡県ではないかと言われています。栄西禅師が宋から帰国した際に、持ち帰ったお茶の種を脊振山に植えた記録が残っており、それを明恵上人が京都に植えたと言う説があります。八女茶(福岡県)は、その品質の高さから全国的にも有名で、特に玉露の品質では定評があり、全国の生産量の約半分が栽培されています。嬉野茶(佐賀県)は中国式製法の釜炒り茶(ぐり茶)で有名です。かごしま茶(鹿児島県)は静岡に次いで全国2位の生産量を誇り、知覧茶、穎娃(えい)茶などが有名で、品質の高いお茶が生産されています。また種子島では全国で最も早く新茶が出荷されます。

九州の主な茶品種

日本のお茶は中国小葉種に由来するが、産地とは別に「品種」でもう少し詳細に分類する事が出来ます。最も有名なお茶の品種はやぶきた(藪北)ではないでしょうか。耐寒性にも優れ、品質も極めて優良である為、全国で栽培されています。お茶は一年に一度しか収穫できない農作物であり、ある特定の時期に全てのお茶が摘採の時期を迎えてしまうと、摘採の時期を逃して伸びすぎ、葉が硬くなってしまったり、摘採出来ても加工できずに品質が劣化してしまう問題があります。その為、少しずつ収穫時期が異なる品種を植えるのが一般的です。収穫時期によって、早生、中生、晩生品種などがあります。

九州地方の主な品種は図の様なものがあります。概ね同じ様な温暖な気候なので、似た品種を好んで栽培している様です。有名なやぶきたは中生品種、あさつゆも中生品種で天然玉露のあだ名があります。おくみどり、おくゆたかなど「おく」と名前に付くものは晩生品種です。おくみどりはやぶきた、おくゆたかはゆたかみどり由来で優雅な香気が特徴です。さえみどりは早生品種で、やぶきた×あさつゆ由来になります。鮮やかな緑色で、やぶきたとは異なる香気で旨みがあるので人気があります。他にも地域毎に特色を出す為に様々な品種が栽培されています。

八女茶

煎茶、玉緑茶、玉露、かぶせ茶などを作る工程で、酵素を失活する蒸し工程の時間を通常よりも長めにしたお茶です。
通常、煎茶や玉露では蒸した後、乾燥させながら揉んで細く撚り、針の様に尖った形状が上級とされます。しかし深むし茶は、あえて蒸し時間を長くする事でお茶の成分がお湯に浸出し易くなり、濃厚な水色で、苦味成分が抑えられたまろやかな味わいのお茶になります。食物繊維やβカロテンなども豊富で、カテキンを丸ごと飲める深むし茶は健康にも良いお茶とされています。

かごしま茶

知覧茶などで有名な「かごしま茶」「鹿児島茶」は昭和40年頃からの積極的な茶業振興施策により発展し、現在では全国第2位の生産量(約26,000t、シェア28%)を誇ります。静岡県(全国1位)には生産量、シェア、面積は遠く及びませんが、大規模・工業化を既に進めており、今後も大きな発展が期待されています。西之表島を始め、県内全域で茶の栽培が盛んですが、特に南九州市、志布志市などは1,00ha以上の茶園があります。県内全域では8,600haもあります。かごしま茶の特徴は、本土最南端で栽培されている事から、太陽の光をたっぷりと浴びて、新鮮でさわやかな香りとコクがあるのが特徴です。外観は色が濃く、艶があります。味はふくよか、濃厚で旨みが豊富です。若葉の新鮮な香りがあり、水色はキレイな深い緑色が特徴です。
かごしま茶は暖かい気候を利用して、日本一早く「走り新茶」が3月末には販売されます。ゆたかみどりなどの早生品種が盛んに栽培されており(県内28%:やぶきたは41%と全国平均71%よりかなり少ない)、様々な品種をバランス良く栽培しています。鹿児島の茶園に行くと目につくのが赤い乗用型摘採機です。県内の殆ど全ての茶園が平坦であり(平坦地茶園率99.7%)、乗用型摘採機導入が最も進んでいるので、省力化・低コスト化が進み、生産性が高い大規模農家が多いのも特徴です。消費者にとっては、美味しいお茶を比較的安い値段で買う事が出来る為、かごしま茶を選ぶメリットは高いと思います。

知覧茶

日本有数の緑茶産地として有名な鹿児島県南九州市知覧町で栽培、製造されたお茶の総称、ブランド名です。本州最南端の温暖な気候と桜島の火山灰による肥沃で平坦な土地を利用した、茶栽培にとって恵まれた土地なので品質が高く、一方で大型機械化による効率化された生産を行い割安感があるお茶が多い。近年では農林水産大臣賞や全国茶品評会日本農業中央会長賞受賞をはじめ各種賞の常連であり、日本を代表する高級茶の産地としても有名です。知覧町の茶園面積だけでも1200haを越えています。隣の穎娃町も穎娃茶で有名ですが、市町村合併で南九州市になった後も、知覧茶ブランドで統一はせずにそれぞれのブランド名を使っています。
知覧町の場所は本土最南端で栽培されている事から、太陽の光をたっぷりと浴びて、新鮮でさわやかな香りとコクがあるのが特徴です。外観は色が濃く、艶があります。味はふくよか、濃厚で旨みが豊富です。若葉の新鮮な香りがあり、水色はキレイな深い緑色が特徴です。かごしま茶は暖かい気候を利用して、日本一早く「走り新茶」が3月末には販売されます。ゆたかみどりなどの早生品種が盛んに栽培されており(県内28%:やぶきたは41%と全国平均71%よりかなり少ない)、様々な品種をバランス良く栽培しています。鹿児島の茶園に行くと目につくのが赤い乗用型摘採機です。県内の殆ど全ての茶園が平坦であり(平坦地茶園率99.7%)、乗用型摘採機導入が最も進んでいるので、省力化・低コスト化が進み、生産性が高い大規模農家が多いのも特徴です。
美味しいお茶を比較的安い値段で買う事が出来る為、かごしま茶を選ぶメリットは高いと思います。いり江豊香園でも、定番商品はかごしま茶を中心に豊富な商品ラインナップを揃えています。

ページトップへ戻る

お問い合わせ

0120-47-1188

お問い合わせフォーム

ページトップへ