');}

メニュー

お茶の種類

お問い合わせ

0120-47-1188

ネットお問い合わせ

商品のご購入

オンラインショップ

やぶきた

「やぶきた(藪北)」は恐らく誰でも一度は聞いた事がある最も有名な緑茶の品種です。静岡県の在来種から杉山彦三郎翁が選抜したとされ、その母樹は現在でも静岡県の天然記念物として静岡県立美術館入り口そばに保管されています。中生品種で、樹勢が極めて強く、収量(収穫量)も多い。勿論、品質も優良で耐寒性も極めて強い為、現在では全国の70%の緑茶はやぶきたで、九州でも良く栽培されています。
茶葉の外観はしっかりしていて黒く艶があります。水色は黄色(黄金色)で深みがあります。爽やかで清々しい香りで、飲んだ後に清涼感がある甘みがあり、しっかりとした苦みもあります。緑茶として、とても優良な品種だと言えるでしょう。
いり江豊香園のかごしま茶(鹿児島茶)は、知覧茶を中心とした100%鹿児島産やぶきた(さつまやぶきた)を定番商品として自信をもってオススメしています。 香ばしい香りと、絶妙なバランスの甘みと苦みを感じる煎茶に仕上げています。

あさつゆ

宇治茶(京都府)の実生中から選抜された品種です。中生品種で九州でも栽培されています。 樹勢は普通程度。煎茶としては非常に品質が優秀である事で有名で、「天然玉露」の名前があるくらいです。収量が少ない為、市場にあまり出回らないですが、お茶好きなら一度は必ず飲んで欲しい品種と言えます。
外観は非常に細かく、粉が多く感じられます。爽快な、青々とした香りがします。茶葉が細かい為、水色はさっと淹れても非常に濃い緑色になります。見た目はトロっとした濃厚な甘みがありますが、全体としては意外にあっさり、さっぱりとした味が特徴です。優雅で気品があるお茶という印象です。
市場に出回る数量も非常に少ない事から、いり江豊香園では通常あさつゆは販売しておりません。入荷した場合にはホームページ、ダイレクトメール、ちらしなどでお知らせ致しますので、チャンスを逃さない様にチェックして下さい。少量でしたら、大体在庫を置いていますので店頭では試飲出来ると思います。詳しくは店員にお尋ね下さい。

ゆかたみどり

やぶきたに次いで全国で良く栽培されている品種で、鹿児島県ではやぶきた40%、ゆたかみどり30%の割合で非常に多く栽培されている人気の品種です。やぶきたよりも収穫時期が早い早生品種で、収量(収穫量)が多く、炭そ病にも強いと言う特徴があるものの、耐寒性には弱いので鹿児島などの南国で好んで栽培されています。美しい濃い緑色の水色と、独特な香りが特徴の九州を代表する品種です。
ゆたかみどりは被覆(収穫1週間前に、日光を遮る黒い覆いを茶園に被せて栽培する方法)をするのが一般的で、製造方法は深蒸し製法にします。これが新茶らしい香りと甘みを生み出し、苦みの少ない、キレイな濃い緑色の水色のお茶になります。。濃い緑の水色とまろやかでコクのある味わいは一度飲んだら忘れられません。
いり江豊香園で扱っているかごしま茶(鹿児島茶)のうち、上等な商品にはゆたかみどりを主に選んでブレンド(他にはやぶきた、さえみどりなど)しています。九州の美味しいお茶らしい高貴な香りと濃厚な味わいを十分に堪能頂ける自信作に仕上がっています。

さえみどり

三重県で育成、登録された品種で、「やぶきた」×「あさつゆ」をかけ合わせた早生品種です。やぶきたよりも平均して4日ほど摘採が早く、耐寒性や耐病性はやぶきたとほぼ同等であるが収量(収穫量)が多い特徴があります。鹿児島を始め、九州地方では良く栽培されています。九州で新茶と言えば、まず「さえみどり」「ゆたかみどり」が出荷され、その後に「やぶきた」となるのが通例です。とても美味しいお茶なので覚えておいて損はないでしょう。
外観は鮮緑色でとてもキレイなのが特徴です。やや深蒸しにすると水色もやや青みがかった濃い鮮緑色となります。
香りや味わいは比較的さっぱりとしていますが、苦味も少なく上品で優雅で旨みも十分にあります。特に香気はやぶきたとは異なる爽やかな芳香があります。濃厚でコクのあるお茶がお好きな方にはやや物足りないかもしれませんが、水色もキレイなので九州ではとても人気がある品種です。
いり江豊香園で扱っているかごしま茶(鹿児島茶)のうち、上級煎茶には一部さえみどりをブレンド(他にはやぶきた、ゆたかみどりなど)しています。九州を代表する美味しいお茶らしい爽やかで清々しい香りと、苦味の少ない上品な味わいを十分に堪能頂ける自信作に仕上がっています。

ページトップへ戻る

お問い合わせ

0120-47-1188

お問い合わせフォーム

ページトップへ