');}

メニュー

お茶の種類

お問い合わせ

0120-47-1188

ネットお問い合わせ

商品のご購入

オンラインショップ

お茶の種類

お茶と言うものは本来お茶の木から作られるものだけを言います。
意外かもしれませんが、こんぶ茶やお茶の木以外のものから作られた健康茶などは厳密にはお茶ではありません。一言にお茶と言ってもたくさんの種類があります。産地や品種による違いもありますが、一般的にはまず製造方法や栽培方法による違いで大きく分別されます。

いり江特製かりがね茶

煎茶と玉露の製造過程で除去された茎、粉などは全て出ものと呼ばれ、完成品は本茶となりますが、その出ものの茎が白折あるいは茎茶と呼ばれるものです。さらに玉露、煎茶の旨みを最も多く含んだ白折茶を中心に、茎茶と固形茶に抹茶を混ぜて造らせたのが《いり江特製かりがね茶》です。
従って上級品のお茶から出た白折茎茶を原料としたかりがね茶もまた上級品であると言えます。茎茶白折茶独特の風味を持ったお茶です。赤茶けた茎、太い茎は機械摘みの為に刈られ混入した古い茎で、渋みが強く味を損ねますから、色は玉露や煎茶同様に濃緑色のものを見比べてお選び下さい。
さっぱりとした清涼感のある味わいでアミノ酸が多く含まれているのでふくよかな甘みを感じるお茶です。

煎茶

一般的な緑茶のことです。
一番茶などの柔らかい生葉を丁寧に揉み、乾燥する工程を何度も繰り返し、形を針状に整えます。新鮮味をもち、艶があり、手ざわりが固く重量感があり、独特の濃緑で芳香が漂います。味わいは爽やかで心地よい苦味があり、口の中に清涼感が残るものが上級とされます。水色は一般的には山吹色(黄金色)のものが最も良いとされていますが、製造法や品種によっては鮮やかな濃緑色の場合もあります。
また、仕上げ工程で乾燥度を上げていく火入れ工程において、強めに火を入れることにより独特の香りと甘みを引き出すこともあり、原料・製造法により多種多様な煎茶があります。中級品、下級品の煎茶は硬化した葉を使ったものになります。

深むし茶

煎茶、玉緑茶、玉露、かぶせ茶などを作る工程で、酵素を失活する蒸し工程の時間を通常よりも長めにしたお茶です。
通常、煎茶や玉露では蒸した後、乾燥させながら揉んで細く撚り、針の様に尖った形状が上級とされます。しかし深むし茶は、あえて蒸し時間を長くする事でお茶の成分がお湯に浸出し易くなり、濃厚な水色で、苦味成分が抑えられたまろやかな味わいのお茶になります。食物繊維やβカロテンなども豊富で、カテキンを丸ごと飲める深むし茶は健康にも良いお茶とされています。

玉露

普通煎茶とは生産過程が違います。
まず玉露茶園で茶園の上に棚を作り、よしずや藁で覆いをして茶摘の20日位前から直射日光を遮り、薄暗い中で栽培されます。直射日光を遮る事でお茶の旨みのテアニンやアミノ酸が増え、苦味成分のカテキンが少なくなり、玉露独特の味と覆い香と呼ばれる芳香がこうして出来上がります。柔らかい色鮮やかな芽を育成し、丁寧に摘んだ後、まるい感じに揉みあげて精製します。煎茶状に捻りあげて作ったものもありますが、煎茶より際立って鮮やかな緑色をし、ふっくらとした感じのものが樹齢の多い良い木からとれた若芽の上級品です。硬い感じのものや色の悪いのは渋みが強く、玉露独特の甘さが不足します。高級茶は味に誇りを持っている老舗でお買いになるのが無難です。
また玉露よりも覆う期間が短くして作られた煎茶をかぶせ茶と言い、玉露のようなまろやかな甘みと煎茶のようなさっぱりした味わいを持つお茶になります。

粉茶

粉茶は煎茶や玉露の製造工程で細かくなってしまったお茶です。
溶出し易く、鮮やかな色と濃厚な味わいでありながら、後味はさっぱりとしています。寿司屋の”あがり”でもお馴染みの玉露粉茶は、甘みとまろやかさを併せ持つお茶です。急須や茶こしでさっと淹れるのがコツです。
粉末緑茶は、抹茶と同じ製法で煎茶を微粉末状に加工したお茶です。粉茶と違い、茶殻が全く出ません。茶葉をそのまま飲みますので、煎茶ではとり難い、食物繊維やβカロテンなどを効率良く摂取する事が出来るので、とても健康的な飲み物と言えるでしょう。

玄米茶

強火で加熱した煎茶と、蒸してから炒って狐色になった玄米を混ぜたお茶です。あっさりとした香ばしい味と香りが特徴です。玄米と煎茶の混合割合は重量で半々程度になっています。
熱湯でさっと淹れるのがコツで、あまり時間をかけて抽出するとタンニンが出て苦くなります。玄米茶に含まれる白いものは爆ぜてポップコーン状になった玄米で花玄米と言われ、どちらかと言うと飾り的な役割で味にはあまり関係ありません。抹茶玄米茶は、玄米茶に抹茶をブレンドしたお茶です。玄米茶独特の香ばしい味と香りに加えて、抹茶の爽やかな味わいを味わう事が出来ます。

ほうじ茶

煎茶、番茶、茎茶などをきつね色(茶褐色)になる程度に強火でほうじたお茶です。
最近は良質の硬葉煎茶もほうじ茶として利用されるようになりました。苦味が無く、独特の香ばしさがあります。高温で煎るため、カフェイン、タンニンが少なく、クセがなくあっさりとしています。寝る前に飲むお茶や、お年寄りや妊婦さん、小さいお子さんにオススメです。中華料理など、油っこい食事の後に飲めば、口の中がさっぱりします。地方によってはほうじ茶を番茶と呼ぶところもあります。

ページトップへ戻る

お問い合わせ

0120-47-1188

お問い合わせフォーム

ページトップへ