');}

メニュー

  • ホーム
  • いり江豊香園のこだわり

いり江豊香園のこだわり

安心して飲める、品質の良い新鮮なお茶を

お茶を栽培するのに適した気候を持つ産地と、それを栽培する茶農家により、お茶の品質は大きく変わります。 「いり江豊香園」の茶葉は、主に二つの厳選された産地から仕入れています。日本有数の高級茶産地、寒暖の差が大きくお茶の生産に適した福岡の茶処「八女」です。 もうひとつは全国生産量第2位、広大な敷地、温暖な日照条件のもと生産された鹿児島県。その鹿児島県の中でも全国的にも高い評価で今ではブランドとして名高い「知覧」から仕入れています。お茶の味や香りといった品質はもちろん、農薬や放射能の残留濃度など安心して飲んで頂ける茶葉をお届けするために、農家から茶卸業者などの流通経路を把握し、より優良な茶葉のみ仕入れることにこだわっています。
茶葉は、自然の恵みですので、同じ畑であっても気候などにより毎年風味が違います。その年々の優良な茶葉を選定し仕入れ、優れた品質の茶葉のみを使用します。 主に新茶の時期に仕入れた茶葉を鮮度を保つために特別に温度管理された冷凍庫で保管し、都度必要な分だけ冷凍庫から取り出し、仕上げたお茶を鮮度そのままに窒素充てんされたパックでお客様にお届けしています。

茶葉を最高な状態に仕上げていく合組

いつも変らぬ美味しさをお届けするため、お茶の品質を一定に保ち、奥深い繊細な味わいを作り出す専門の職人、茶師が「形状のお茶」「蒸しの効いたお茶」をメインにブレンド(合組)することで「いり江豊香園」のオリジナルのお茶を作り出しています。 一年を通してお茶の味にブレがないよう、新茶時期に一年使用する茶葉を決定します。茶葉を選定する際は、原料となる数百もの種類の茶葉の「手ざわり、重み」、「香り」、「茶葉の色・艶」、「味わい」などを一つ一つじっくりと確かめ、これという優良な茶葉を厳選し、試飲→ブレンド(合組)を納得のいくまで何度となく繰り返し、「これだ」と思うお茶を決めていきます。

いり江が求めているお茶の深み、広がり、バランスの優れたお茶をお届けするために行うのがブレンド(合組)です。品種、仕上げの違う茶葉を組み合わせることにより、お茶からの心地よいハーモニーが生まれるのです。苦味・渋み・甘み・旨みのバランスが良く、ほどよいコクがあり、のど越しが良く、爽快感があること、そして香りも含め全てのバランスがとれ「おいしい」と感じるお茶を追い求め、お茶を作り続けています。

香り、旨みを引き出すこだわりの火入れ

仕上げ工程の一つに乾燥工程があります。水分量を長期保存できる程度にまで少なくする重要な工程であるのと同時に、別名「火入れ」と呼ばれるように、お茶の香りや味わいを左右するため各社独自のこだわりがあります。 「いり江豊香園」でも、この「火入れ」には特別な思い入れがあります。特にかりがね茶はその品質に重要な「火入れ」には細心の注意を払っています。つまり「火入れ」は、かりがね茶の味を最高のお茶に仕上げるための重要な作業であり、いり江のこだわりのひとつです。

最終工程の「火入れ」は、茶葉の中でまだ眠っている香り、旨み、深みのある味わいをいかに引き出すかは絶妙です。原料を仕入れる際にもこの「火入れ」を念頭におき、選定します。茶葉により「上手く火が入る茶葉」、「火が入りにくい茶葉」があります。これは、「火入れ」を行いながら、経験とすばやい判断によりその茶葉の最高に適した「火入れ」が重要です。火を入れすぎるとすぐに茶葉を焦がす事にもなりますし、逆に火が入り足らない場合は、茶葉の味わいを上手く生かせないことにもなってしまいます。 味を左右する重要で絶妙な「火加減」、「火入れ時間」は、職人の積み重ねた経験により、いつも最高の状態で「火入れ」を行っております。いかにまろやかで味に深みをもたせ、上品な一口飲んで「おいしい」といって頂けるお茶にするかは、絶妙な火入れにかかっています。

これからもお客様に安心して飲んで頂ける美味しいお茶を、いつでもお届けできるよう日々精進して、いり江のこだわりのお茶づくりに励んでいきたいと思います。

ページトップへ戻る

お問い合わせ

0120-47-1188

お問い合わせフォーム

ページトップへ